プロミスの在籍確認の電話、ちょっと怖いですよね・・・

プロミスは在籍確認の電話をかけてくるの?

プロミスの審査を受ける上で、最大の難関が、この「在籍確認の電話」。
でも、できれば会社にはプロミスから電話があったことを知られたくはないですよね?
だから「もしかしたら、プロミスは在籍確認の電話をかけないで審査を通してくれるのでは?」と思われたかもしれません。
プロミスは審査が甘め、という評判もありますしね。
ですが、残念ながら、プロミスも他の金融機関同様、基本的には在籍確認の電話は避けて通れない道、なのです。
なぜなら、実は定期的な収入がないにもかかわらず、適当な嘘をついて定職があるように偽装する人が、実際にとても多いからなのですね。
プロミスだって人のことを疑いたいわけではないのですが、こればっかりは仕方のない事なのです。

プロミスも、在籍確認の電話を嫌がる人が多いことは知っています。だから・・

とはいっても、プロミスはこれまで何百万人という人を審査してきたわけです。
だから、「多くの人は在籍確認の電話を嫌がる」ということは、よーく知っています。
そこで、あなたが在籍確認の電話をできればかけて欲しくない、と思っていると伝えれば、一緒にアイデアを出してくれる場合もあるのです。
もちろん、「じゃあ、電話はなしにしましょう」と簡単に決めてくれるわけではありませんが、少なくとも会社の人に不信感を持たれないような方法で在籍確認を取る、というアイデアを出してくれる可能性が高いです。
そのあたりはプロ中のプロ。親身になってくれますよ!
また、あなたが学生さんの場合、在籍確認の代わりに実家に電話が行くんじゃないか・・?とプロミス親バレに危惧している人もいるかもしれませんね。
でも、そのあたりも大丈夫。プロミスはアルバイト先などには電話をかけることがあっても、基本的に実家には電話をかけません。
もしあなたが滞納などをしていなければ、親バレの心配はありませんよ!

プロミスから在籍確認の電話がかかってきた時の対処法

プロミスのスタッフにあらかじめこう言いましょう!

ですから、プロミスの審査を受ける際には、スタッフに「できれば会社に審査のことがばれないような形で電話して欲しい」という要望を伝えてみてください。
プロミスのスタッフの方で、「ではこういう形ではどうでしょう?」と提案してきてくれる場合もあるので、その時は、その提案に乗って、電話の内容を工夫してもらいましょう。
逆にこちらからアイデアを提案する場合は、例えばこういう方法はどうでしょうか?

学生時代の友人の名前を使って在籍確認の電話をしてもらう

通常の在籍確認の電話でも、プロミスは「こちらはプロミスですがー」という馬鹿正直な電話はかけません。
ですが、よりセーフティーに考えるのであれば、在籍確認の電話をかけてくるのが誰だかよくわからない人ではなく、あなたの知り合いからの電話だと思わせておくのです。
プロミス側としては、どのような形であれ、あなたが会社に所属していることが確認できればいいのですから、「こちらは山田ともうしますが・・・」という電話をかけることにはおそらく同意してくれると思います。
そして、合わせ技として、電話がかかってくる時にはあなたは外出しておくのです。
そうすれば、このような対応になります。

「もしもし、こちらは山田ともうしますが、○○さん(あなたの名前)はいらっしゃいますでしょうか?」
「いえ、○○は今外出していますが・・」
「なるほど、わかりました。失礼しました。」

・・・と、このように、ごく自然な流れで在籍確認ができるのです。

プロミスから在籍確認の電話がかかってこないようにする必殺技

それでも、どうしても在籍確認の電話を避けたいのであれば、必殺技がひとつあります。
それは、「給与明細をあらかじめ見せておく」ということです。
ネットで審査を受けるのであれば、給与明細なり源泉徴収票なりを、画像に撮ってメールで送るのです。
これを行うことで、在籍確認の電話を避ける事ができる確率はぐっとあがります。
プロミス側としては、要は定職があって定期的な収入があることがわかれば別に手段はなんでもいいわけです。
ですから、給与明細を見せることで、「はい、わかりました」となる可能性は高いです。
とはいえ、それでも電話をかける必要がある、と判断される場合もゼロではありません。
そうなった場合は、上に書いたように、電話での内容を工夫してもらうように頼んでみましょう。
こうすることによって、会社から怪しまれることはほぼない、と言って差し支えないでしょう。

在籍確認の電話は確かに嫌なものですが、ただ嫌がっていても仕方がありません。
賢く立ちまわって、スムーズに在籍確認をしてもらうように、プロミスのスタッフに相談してみるのがおすすめです